前へ
次へ

弁護士だから良い仕事をするとは限りません

弁護士になる事が、とてつもなく難しかったのは過去の話です。
旧式の司法試験は、予備試験を突破し、本試験に臨むという仕組みで、難しすぎるということで法科大学院を卒業すれば、いきなり本試験を受験できるようになりました。
受験する回数が3回までになりましたが、かなり難易度はおちたようです。
それでも日本最難関の国家資格です。
やりがいを求めて、司法書士を目指す人、税理士や行政書士などは司法試験を合格しても出来るので、司法試験に合格して別の道を進む人もいらっしゃいます。
ですから、税理士の方でも法律に詳しい方もいらっしゃいます。
最近よく耳にする過払い金請求ですが、司法書士の先生などにも相談する事が出来ます。
弁護士にならずに国家公務員である検事などになる方もいらっしゃいます。
そもそも司法試験には上位合格、下位合格とありますので、司法書士の方が案外難関かもしれません。
現在の制度では、司法試験に合格した弁護士だからと安易に能力を判断するのはおススメしません。

Page Top